生活雑貨と緑の店 つきとはな

倉敷意匠 KATAKATA 印判手豆皿

0%OFF!
江戸時代から続く美しい町並みで知られる岡山県倉敷市に位置する「倉敷意匠」。今も手仕事の伝統が残る倉敷を拠点に活動する雑貨メーカーです。

コンセプト
「日用品として日々使われることで、より美しく育っていくような、誰かにとってかけがえのないモノを送りだしたい」そんな気持ちをお持ちのメーカーさんです。


kata kata(カタカタ)とは松永武さんと高井知絵さんご夫婦による型染めユニットです。
伝統の技法を守りながらも、ものがたりを想像でき、そこで会話が生まれるようなデザインを心掛けているそうです。

そんなカタカタさんデザインによる、「印判手」の食器。
印判手とは「型紙摺り」や「銅版転写」など印刷による絵付けのことで、古くから続く量産の手法です。

不揃いだけど素朴な味わいのある印判手豆皿です。


一つ一つ柄を手仕事で転写していくので絵柄にカスレやにじみ、色抜け、色ムラ、切れなど1点1点それぞれに個体差が生まれます。機械であっという間に同じ商品がキレイに大量生産される現在、このような個体差は「欠点」とみられることが多くなりました。
そういう意味で印判手皿は、完璧な仕上がりをお好みのお客様に向くものではありません。
しかしながらうつわ好きの中には、この「欠点」こそが味わいとも言え、魅力と考える人もいます。


 
01こけし椿
02こけし梅
03こけし笹
04こけしたんぽぽ
販売価格
1,080円(税80円)
購入数