生活雑貨と緑の店 つきとはな

京都加藤久美子さんのちょっと粋な銘々皿として活躍しそうです。

ちょっと粋な銘々皿として、ケーキ皿として活躍しそうです。最近は器よりもアクセサリーの需要が高い加藤さんの作品ですが、ある展示会で手作り感満載のスリップウェアに心奪われてしまい、扱わせて頂きました。
京都市内で陶芸教室もされておられるのでご興味がある方は
インスタグラムːtayutauheyaまで

スリップウェア(Slipware)とはヨーロッパなど世界各地で見られた、古い時代の陶器の一種。 器の表面をスリップ(エンゴーベ)と呼ばれる泥漿(でいしょう、水と粘土を適度な濃度に混ぜたもの)状の化粧土で装飾する方法が特徴の器です。 近年でも陶芸家によって作品が作られている。

サイズ
約Φ15cm×H1.5cm

作家;加藤久美子

産地;京都

※注意点
全て手作業での製作になりますので、全ての器に柄や焼き味の微妙な違い、ご使用に支障のない程度のゆがみやガタツキといった個体差が必ずございます。工業品のような均一なお品ではありませんが、偶然から生まれる不揃いで素朴な味わいをお楽しみいただければと思います。
販売価格 3,300円(税300円)
A
B
C
D
タイプ

タイプ
A
B
C
D

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ