生活雑貨と緑の店 つきとはな

live a happy life

「普段の生活にほんのちょっとだけゆとりを加えて頂いて、
少しだけ楽しい普段生活を送って頂きたい」

 

をコンセプトに、日々の暮らしの中に彩りと豊かさを
ということでグリーンと丁寧に作られた生活雑貨やお洋服を提案しています。


日本はもとより世界の職人さんの手作りの品物集めました。

慌ただしく過ぎていく毎日だからこそ大切にしたいひとときを

職人さんの手作りの温かみで包まれて下さい。


あなたが直感で好きと感じたものは 五感に響く心地よさ、使うほどに愛着が生まれます。


そして、長く使って頂ける物だと自負しています。


単純に自分が惹かれるモノ・コトそういう感覚に触れること

それが日々の営みを心地よくさせてくれるスパイスなんだと思います。

心に小さな喜びを咲かせる毎日を・・・それが理想です。 
 

《店主経歴》


 1972年 滋賀県木之本町に生まれる。
 長浜北高校卒業
 卒業後、実家の花屋に入るも、映画制作への情熱が捨てきれず上京。最初は自主製作の現場を駆けずり回る毎日。
 ある現場で映画制作会社で制作をやっている人と出会い、それがきっかけで
 
 本広克行監督「サトラレ」で制作を始める。
 門井肇監督 「棚の墨」
 門井肇監督 「休暇」
 中島哲也監督「告白」他多数
 個人レーベルraysfilmでの初プロデュース作品「それでも朝は来る」が
 富山水辺の映画祭「ドラマハンティング」部門で上映される。

 実家の状況で滋賀県に戻る。
 現在に至る。
 
 現在、新作映画準備中…